株式会社森精肉店

STRENGTH森精肉店の特徴

献上肉の写真

天皇家(皇室)献上店として、
日本の食肉文化をリードします。

献上品の写真

森精肉店代表取締役の森栄二は、1200年以上の歳月をかけて守り続け伝承してきた家元、日本料理の権威である四條司家四十一代当主御富代に、一流の食肉技能士として認められました。
天皇家・秋篠宮様ご生誕記念日献上し、また日技神社献上、山王神社献上等、天皇家とゆかりの深い神社にも献上の実績があります。
森精肉店で提供するギフト商品は「四條司家の食卓」として四條隆彦様に監修をしていただき、「匠」の技をふんだんに使い、こだわり抜いた商品として提供しております。

四条司家について
第58代光孝天皇が、四條中納言藤原朝山陰卿(824年~888年)に俎板・包丁捌きの掟を定めるよう命じ、包丁儀式の作法を完成させました。
あらゆる食材への感謝の心を神にささげる儀式・和食の神髄「日本料理道」の伝統を平安時代より千三百年余り続けています。

四條流の考え方
 陰陽五行説の五味、五色、五法があります。
 「三真を覚えずして、料理を出すべからず。
 三真を知らずとして、料理を褒めるべからず。」

四條流の方と代表の写真

世界的にも高品質と言われている
日本の基準で厳しく審査され受賞しました。

GOLD AWARD認定証の写真

神戸の髙尾牧場で、好物のパンを主原料としたエサで育てた、肉質のやわらかな雌豚だけが「神戸ポークプレミアム」になります。

パンを食べることで脂身のサシが細かく入り、柔らかい肉質で臭みがなく、甘みのあるジューシーな味わいとなります。

森精肉店では、この神戸ポークプレミアムを使った料理「バジルローストポーク」でGOLD AWARDを受賞しました。

神戸ポーク取扱い指定者認定証の写真

地元名古屋の食文化も
追求しています。

森精肉店が考案・開発した「みかわもち豚八丁味噌餃子」が、あいちめし協会が運営する「あいちめし」として認定されました。

「八丁味噌」を加えた濃厚なあんと、もちもちとした「みかわもち豚」との相性が抜群です。独自の味を追求した止まらないうまさの餃子です。

餃子フェス出店時の行列の写真
餃子フェス出店時の行列
あいちめし認定証の写真